欧米で使われているコビド「ワクチン」を科学的に徹底解明。

はじめに

トロッツィ博士の関連論文

これはワクチンではありません🔗。

以前の記事とビデオで、私たちは、宣伝され、人々に強制されている注射がワクチンでないことを確認しました。

医師 看護師 倫理と法 🔗 🔗 🔗 .

先の記事とビデオで、私たちは、宣伝され、人々に強制されている注射がワクチンではないことを確認しました。

数字について

この注射が世界中の被害者に投与された今、私たちは壊滅的な結果を目の当たりにしています。米国では、コビド「ワクチン」は4ヶ月半で、過去17年間にすべてのワクチンを合わせたよりも多くの死亡を引き起こしました。 (図1参照).ワクチン有害事象報告システムを見ただけでも (VAERS) 2021年の最初の5ヶ月間だけで、それ以前のどの期間よりも5倍から19倍のワクチン有害事象のデータが発生していることがわかりました。 ぜんぶ 年 (図2参照).政府のVAERSデータへのリンクはこちらです。 https://vaers.hhs.gov/data/datasets.html

コビド統計情報

世界中で、「ワクチン」注射キャンペーンが始まり、病気と死が続いている。これから調べるように、注射の初期の副作用の多くはコビドに類似しており、コビド患者が増えたと報告されています。過去1年半の間、注射を含むコビットの犯罪的事業の多くの側面を強化するために、多くの原因による死がコビットの死として世間に誤って伝えられたことを考えると、これは驚くべきことではありません。このテーマを扱ったTrozziの過去の出版物はこちらです。 https://drtrozzi.com/2021/03/how-is-this-a-pandemic/

インジェクション普及後の42カ国の死亡統計

子供たちに注射をする...

今、ビッグファーマ、WHO、そして世界中の政治家たちは、子どもたちに対してキャンペーンを展開しています。コビド・ウイルスは子どもや若者に対するリスクはほぼゼロであり、注射は非常に危険であることが分かっているにもかかわらず、子どもたちは現在大量に注射され、政府は彼らの親が反対する権利を否定しているのです。
Covid-19に対するワクチンはなぜ不要で危険なのか、専門家が解説しています。 https://johnplatinumgoss.com/2021/05/01/experts-explain-why-vaccines-against-covid-19-are-unnecessary-and-dangerous/amp/?__twitter_impression=true

この件で、医師や親が政府機関を訴えている。 https://www.theepochtimes.com/mkt_morningbrief/doctors-parents-sue-hhs-over-covid-19-vaccine….

「アメリカ最前線医師団の小児科医長であるアンジェリーナ・ファレラ博士は、声明の中で次のように述べています。「FDAが対策を取らずに、これほどの副作用が発生したワクチンは初めてです。「ロタウイルスワクチンは15件の非致死的な副作用で、豚インフルエンザワクチンは25件の死亡例で中止されました。しかし、今、CDC自身のデータでは、これらのワクチンによる死亡が12,000%増加しているのに、まだ、これを子供たちに与えようと言っているのです。"

ある時点で、私たち普通の人は、"これは私たちを傷つけるためのものなのか、なぜ私たちに強制されているのか "と考え始めなければなりません。
非常に信頼性の高い科学者、医師、学者が、これらの注射を「生物兵器」のような言葉で表現しているのです。専門家はこのコビド・キャンペーンを次のような言葉で表現しています。「大量虐殺、優生学、人口削減」です。"

ここでは、5人の有能な医療専門家が、実験的な注射が生物兵器として認められるかどうか、深く話し合っている。

世界的な過疎化?

私たちの多くは、これを理解するのが難しいと考えています。このような極悪非道な計画を考え、計画するような強力な影響力を持つ人々がいるのだろうか? 地政学に精通し、ビルダーバーグ・グループを知る読者なら、1981年にビルダーバーグ・メンバーのジャック・アタリの言葉として、多くの人がこれを引用していることに気づくだろう。アタリは1981年から1991年までフランソワ・ミッテラン大統領の顧問を務め、1991年には欧州復興開発銀行の初代頭取に就任した。

"これからは、いかにして人口を減らすかが重要です。 なぜなら、60〜65歳を超えると、人は生産する以上に長生きするようになり、社会に大きな犠牲を強いることになるからです。次に弱者、そして必ず増えるので社会に役立たない役立たず、そして何よりも最終的には愚か者です。これらのグループをターゲットにした安楽死。 安楽死は、これからの社会で必須のツールにならざるを得ないだろう。 どのような場合でも。もちろん、人々を処刑したり、収容所を作ったりすることはできないだろう。それが自分たちのためだと信じさせることによって、彼らを排除するのです。過剰人口、しかもほとんど役に立たないものは、経済的にコストがかかりすぎる。 社会的にも、人間機械が停止する方がずっといい。 徐々に悪化するよりも、突然の停止。 また、何百万人もの人々をテストすることもできません。 知能が高いのは間違いない。私たちは、何かを見つけたり、起こしたりすることで 特定の人々を対象としたパンデミック、現実の経済危機の有無、或いは、或いは、或いは 年寄りでも太っていても関係なく、弱いものは弱くなる。 恐怖に駆られた愚かな人々は、それを信じて治療を受けようとする。 治療が必要です。治療が行われるようにしたことでしょう。 解決策となる治療法。バカの選別はその後 は自分でやる。あなたは一人で屠殺に行くのです」。

アタリがフランス大統領フランソワーズ・ミッテランの上級顧問だった頃、フランスで出版された「ミシェル・サロモンへのインタビュー-未来の顔」セガーズ版。

フランスのジャック・アタリ氏を含むビルダーバーグメンバーのリストです。 https://newmillenniumexplorer.wordpress.com/2010/06/18/bilderberg-group-members-list/

二人の有名なパペットマスター

まず、ビル・ゲイツは個人的にも家族的にも優生思想を持っている。彼自身の膨大な二酸化炭素排出量にもかかわらず、世界の人口を減らすことによって世界の二酸化炭素排出量を減らそうと探求し、注射を含むコビド犯罪企業の多くの面を通して、我々に対する害を促進するキャンペーンを世界中で行っているのである。

ビル・ゲイツとの出会い https://www.bitchute.com/video/DSvhPnUgyz8/

第二に、アンソニー・ファウチは、米国で政府の公式なコビド対策を主導していることで有名になった。彼は医師科学者であり、免疫学者で、米国国立アレルギー感染症研究所の所長と大統領首席医療顧問を務めている。彼はその立場を利用して、「機能獲得」研究への資金提供を確実なものにしている。機能獲得研究とは、ウイルスをより危険なものにすることである。

これは、スティーブ・ターリー博士が暴露したビデオです。 https://www.bitchute.com/video/IM14wkkUoBI/

上院議員のランド・ポール博士とアンソニー・ファウチとの興味深い論争を紹介しよう。 https://www.bitchute.com/video/OGeusITiZjYT/

紹介を終わります。これは生物兵器なのでしょうか?

何百時間にも及ぶコビド「ワクチン」の研究と、他の医療専門家との深い議論を経て、私はこの注射に関するより多くの科学を皆さんにお伝えしたいと思います。この質問を考えるのは妥当でしょうか?"この注射は生物兵器なのか?"つまり、「実際に私たちを傷つけたり殺したりするためのものなのか?この質問について、以下のコメント欄で他の方々と議論していただければ幸いです。

科学を見る

何百時間にも及ぶコビド「ワクチン」の研究と、他の医療専門家との深い議論を経て、私はこの注射に関するより多くの科学を皆さんにお伝えしたいと思います。この質問を考えるのは妥当でしょうか?"この注射は生物兵器なのか?"つまり、「実際に私たちを傷つけたり殺したりするためのものなのか?この質問について、以下のコメント欄で他の方々と議論していただければ幸いです。

注射の中のもの

  • 特許取得済みの改変ウイルス遺伝物質:メッセンジャーRNAまたは二本鎖DNA コロナウイルスのSGPに類似したスパイク糖タンパク質をコードするものです。ModernaとPfizerはメッセンジャーRNAを、AstrazenecaとJohnson and JohnsonはDNAを含んでいます。 
  • a) ModernaとPfizer。 リピッドナノパーティクル これは、特許を取得した改変ウイルス遺伝子をメッセンジャーRNAとして被験者の細胞に導入するトロイの木馬であり、血液脳関門を通過して脳細胞に導入することさえ可能である。
    b) アステゼニカとジョンソン・アンド・ジョンソン:mRNAの代わりにDNAを使用し、別のトロイの木馬を使用する。 アデノウイルス 特許を取得した改変ウイルス遺伝子をヒト被験者の細胞に送り込むために改良されたもの。(これらは、少なくとも当初は、ナノ粒子タイプの注射よりも血液凝固を引き起こす)。
    c) ノババックス スパイク糖タンパク質およびタンパク質アジュバント.(未使用のため、ここでは最小限の説明のみ)。
  • ポリエチレングリコール.モデナとファイザーのナノ粒子は、コレステロールを含む様々な脂質とポリエチレングリコール(自動車の凍結防止液に含まれるエチレングリコールの重合体)を含んでいます。これは、脂質カプセルのトロイの木馬効果に必要であると報告されています。PEG化されたナノバイオ医薬品に対して、抗PEG抗体を含む有害な免疫反応を起こす人がいる。
    https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32745496/
  • ファイザー社の一部の注射剤に含まれるとされる、確認されていないが疑われる成分が mNeonGreen.Allele Biotechnology and Pharmaceuticals, Inc.が、Pfizerが注射剤に配合したと主張する生物発光マーカーmNeonGreenに関する特許を侵害したとして、Pfizerを訴える裁判が進行中である。2020年10月の訴状で、彼らはファイザーが、患者の血液中のワクチンを追跡するために使用されるこの特定の「タグ」をカバーするアレルの米国特許を侵害していると非難しています。 https://www.ipwatchdog.com/2021/02/12/pfizer-rejects-accusations-infringed-covid-19-vaccine-assay-technology/id=129974/
  • 謎の食材?注射の中に何が入っていて、人の注射部位に磁石がくっつき、磁極そのものが表示されるのかはわかりません。 https://www.bitchute.com/video/ckuA6w9r13zD/
  • その他、各種簡易化学品、防腐剤。  

注射に反応して体が作るもの

メッセンジャーRNA

オックスフォード・アストラゼネカ社やジョンソン・アンド・ジョンソン社の「ワクチン」はDNAを含んでいるが、このDNAは被験者の細胞核に入り、そこでメッセンジャーRNAを生成するために転写されなければならない。ファイザーとモデルナの注射はメッセンジャーRNAから始まる。

スパイク糖蛋白質

特許取得済みのウイルスDNAとメッセンジャーRNAを基に、被験者の細胞で生成・排出される改変コロナウイルス・スパイク糖タンパク質と呼ばれる2つのサブユニット特許タンパク質。(スパイク糖タンパク質を直接含むノボバックスは例外)。この不自然なSGPは、最初の注射から数日以内に被験者の血中に現れる。 mRNA注射後のタイミング:スパイク糖タンパク質の両サブユニットは1日以内に血漿中に現れ、5日目にピークを迎え、14日目には血液中から検出されなくなる(ただし、それが生成された多くのヒト組織から存在しないわけではない)。

抗体

特許を取得した外来スパイク糖タンパク質に反応して被験者の免疫系が製造した数種類の抗体で、被験者自身の細胞によって製造される。 SGPに反応して作られた抗体は、注射後1~2週間で血流中に増加し、少なくとも2カ月間持続する。 この不自然な抗体は非常に特異的であるため、特許を取得しているコロナウイルスSARS CoV2の一部の微妙な変異型にも効かない。これに対して、自然免疫は非常に異なるコロナウイルスの広いスペクトルをカバーすることができる。残念ながら、大量の不自然な高特異性抗体は、天然の非特異性抗体を抑制してしまうのです。このため、多くのコロナウイルスや微妙な変異型に対して、被検者は無防備な状態になってしまうのです。

関連する生理学

ACE2レセプター

ヒトの細胞上のACE2レセプターは、スパイクの糖タンパク質が付着する部位である。インタクトなウイルスの場合、この付着の後、融合が起こり、ウイルスの内容が細胞内に入り込む。人工のSGPだけの場合は、受容体への付着がより強力で、細胞に影響を与える細胞シグナルが作られる。これには、ACE2受容体の数を減らす「ダウンレギュレーション」が含まれる。一般にACE2受容体は健康上重要な機能を果たしているため、細胞はこの影響を受けてしまうのです。
事実上すべてのヒトの組織がACE2受容体の遺伝子とmRNAを持っているが、一部の組織ではこれらの遺伝子が発現し、細胞表面に重要なACE2受容体が存在する。この点については、次のような記事があります。
SARSコロナウイルスの機能的受容体であるACE2タンパク質の組織内分布。SARSの病原体解明への第一歩に https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15141377/
以下、重要な部分を抜粋してご紹介します。"...ヒトの様々な臓器(口腔・鼻粘膜、鼻咽頭、肺、胃、小腸、結腸、皮膚、リンパ節、胸腺、骨髄、脾臓、肝臓、腎臓、脳)におけるACE2タンパク質の局在を明らかにしたもの。最も顕著な所見は、肺胞上皮細胞や小腸の腸管細胞にACE2タンパク質が表面発現していることであった。さらに、ACE2は、調査したすべての臓器の動脈および静脈の内皮細胞ならびに動脈平滑筋細胞に存在していた。
また、注射によって誘導された修飾SGPは、天然ウイルスのSGPと比較して、ACE2受容体に10倍から20倍強く結合することがわかった。SGPは単独で、これらの組織のいずれか、あるいはすべてに疾患過程を引き起こすことができる。"

非特異的自然抗体

非特異的な自然抗体。しかし、スパイク糖タンパクのmRNA注入に応答して産生される非天然の超特異的抗体によって、これらの抗体は抑制される。

ワクチン界のトップエキスパートDr.Geert Vanden Bossche, DMV, PHDは、2021年3月12日、WHOへの公開書簡でこの危険性を説いています。

注射の害について

即効性のある副作用

 即時型副作用には、注射に含まれる1つまたは複数の成分に対するアレルギー反応が含まれることがあります。この中には、アナフィラキシー(重篤で死に至る可能性のあるアレルギー反応)が含まれ、その割合は、ほとんどのワクチンの5倍にもなります。 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33558825/

スパイク糖タンパクが直接効果を発揮する

スパイク糖タンパク質は、ACE2受容体を有する様々な組織に対して直接的な作用を及ぼす。 https://www.mdpi.com/2076-393X/9/1/36/html

ACE2受容体は、全身の小血管の内皮細胞、全動脈の動脈平滑筋、口腔・鼻粘膜、鼻咽頭、肺、胃、小腸、結腸、皮膚、リンパ節、胸腺、骨髄、脾臓、肝臓、腎臓、脳の組織表面で発見されています。
修正スパイク糖タンパク質は、コロナウイルスの天然SGPよりも10倍から20倍も強くACE2受容体に結合する。
スパイク糖タンパクだけで、肺や血管に障害を起こす。
https://sciencebasedmedicine.org/spike-proteins-covid-19-and-vaccines/
ウイルスを含まないスパイク蛋白だけを吸入したハムスターは、肺疾患を発症する。この発見とそのメカニズムについては、この科学論文に書かれている。 https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCRESAHA.121.318902 (SARS-CoV-2スパイクタンパク質はACE 2のダウンレギュレーションを介して内皮機能を低下させる)。
以下、主要な部分を抜粋してご紹介します。
SARS-CoV-2 (severe acute respiratory syndrome coronavirus 2) 感染は、宿主細胞のACE (angiotensin-converting enzyme) 2にSタンパク質 (Spike glycoprotein) が結合することに依存する。血管内皮はSARS-CoV-2に感染すると、ミトコンドリア活性酸素の産生と解糖系シフトを誘発することが知られている。逆説的ではあるが、ACE2は心血管系において保護的であり、SARS-CoV-1のSタンパク質は感染肺におけるACE2レベルを低下させることにより肺障害を促進させる。本研究では、Sタンパク質が単独でACE2を低下させ、結果としてミトコンドリア機能を阻害することにより、血管内皮細胞(EC)を傷害することを示す。

注射によって血液凝固と出血の両方が起こる仕組みは完全には解明されておらず、抗体だけでなく、SGPの直接作用など複数の要因が関わっている可能性があります。
その原因のひとつは、ウイルスやスパイク糖タンパクだけで、細い血管の内壁が傷つけられることです。この内皮(血管の内側の層)の損傷は、血液凝固を誘発するなどの影響を与える。
また、血液凝固に不可欠な血小板は、毒性のあるスパイク糖タンパクの影響を強く受ける。
また、血液凝固障害を引き起こすもう一つのメカニズムは、注射に反応して体内で作られる抗体と被害者の血小板が相互作用することによって起こるようだ。これは、アストラゼニカの注射剤に含まれるEDTA(鉄やカルシウムを結合させる「キレート剤」)により、さらに促進されます。このような場合、血液凝固は大量の血小板を消費するので、被害者はしばしば致命的な血栓を生じると同時に、血小板不足のために他の場所で出血しやすくなっているのです。血栓の副作用はアストラゼニカ注射液で悪化するように見えますが、他の注射液でも起こっています。血栓症は、以下のような病態の根底にある可能性があります。血栓症は、心臓発作、脳卒中、肺の致命的な血栓、肺炎に似た肺内の微小な血栓、静脈血栓症、脳の大静脈洞の壊滅的な血栓、頭痛、吐き気、吐血、血腫様「発疹」など多くの他の症状と同様に血栓症(血液凝固)その他の重度の異常を示す可能性があり、そのような症状の根本的な病理となることがあります。

参考文献

https://www.webmd.com/vaccines/covid-19-vaccine/news/20210422/scientists-find-how-astrazeneca-vaccine-causes-clots https://www.ema.europa.eu/en/news/astrazenecas-covid-19-vaccine-ema-finds-possible-link-very-rare-cases-unusual-blood-clots-low-blood

血液凝固障害だけでなく、注射を受けた被験者の多くが、異常出血や閉経後の膣出血、鼻血、脳内の壊滅的な出血などの出血障害を発症しています。
https://govbanknotes.wordpress.com/2021/02/18/young-nurse-suffers-from-hemorrhage-and-brain-swelling-after-second-dose-of-pfizers-covid-19-vaccine/
https://www.foxnews.com/health/woman-in-japan-dies-of-brain-hemorrhage-after-receiving-covid-19-vaccine-no-link-to-jab-determined

コビド倫理のための医師団による記事「専門家が説明するコビド19に対するワクチンは不必要で危険である理由」からの引用を考えてみましょう。 https://johnplatinumgoss.com/2021/05/01/experts-explain-why-vaccines-against-covid-19-are-unnecessary-and-dangerous/amp/?__twitter_impression=true
ワクチン接種後の血液障害は「まれ」であるという主張とは逆に、多くの一般的なワクチンの副作用(頭痛、吐き気、嘔吐、全身に広がる血腫様の「発疹」)は、血栓症やその他の重度の異常を示す場合があります。さらに、ワクチンによる肺のびまん性微小血栓症は肺炎を模倣することがあり、COVID-19と誤診されることがあります。現在メディアで注目されている凝固現象は、おそらく「巨大な氷山の一角」に過ぎない [34] - ワクチンは安全ではない。

女性の子宮出血の異常は、SGPや抗体による血液や細い血管への影響だけでなく、ホルモンへの影響や、SGPと類似したSyncytin-1というタンパク質を持つ子宮組織が、不自然な抗体誘導によって損傷を受ける可能性(自己免疫作用)によるものと思われます。このため、自己免疫疾患を誘発し、永久に不妊症になるのではないかと心配する人もいる。もっと研究が必要だが、まともな女性ならこの実験に志願するだろうか?
https://newsrescue.com/doctors-former-pfizer-respiratory-vp-chief-scientific-advisor-file-petition-covid-vaccine-could-be-linked-to-infertility/
元ファイザー呼吸器担当副社長兼最高科学顧問を含む医師が請願書を提出 - コビドワクチンが不妊症と関連する可能性があると発表
https://fromthetrenchesworldreport.com/head-of-pfizer-research-covid-vaccine-is-female-sterilization/277390

スパイク糖タンパク質の脱落

Spike Glycoprotein 注射対象者が流出し、他の人を病気にさせる。
また、「ワクチン接種を受けた」被験者の接触者で、自分自身は注射を受けていない人にも出血を含む複数の体調不良が起こっています。これは、ほぼ間違いなく、注射を受けた被験者から排出されたSGPが、通常なら問題ないはずのその家族や接触者を汚染し、影響を及ぼしたためである。これには、注射を受けた人の子供の鼻血や、注射を受けた人の配偶者の膣からの出血が含まれています。
このことは、これらのコビド「ワクチン」を注射された人々が、「新しいレパー」であり、彼らと接触する注射されていない健康な人々に健康リスクをもたらすかもしれないという、もう一つの悲しくも驚くべき可能性をもたらす。
COVID-ワクチン接種者がスパイクタンパク質を「排出」し、ワクチン未接種者に害を及ぼす可能性
https://christiansfortruth.com/confirmed-covid-vaccinated-people-can-shed-spike-proteins-and-harm-the-unvaccinated/
ファイザー社の資料69ページをご参照ください。 http://www.voterig.com/pfizervax.pdf
https://www.lifesitenews.com/news/americas-frontline-doctors-covid-vaccinated-can-shed-spike-protein-harming-unvaccinated

https://thenewamerican.com/covid-vaccine-shedding-hurting-unvaxed-dr-lee-merritt-explains/ COVIDワクチン流出が未接種者を苦しめる?リー・メリット博士が解説
The New American誌のシニアエディター、アレックス・ニューマンとのインタビューで、著名な元軍医で生物兵器の専門家であるリー・メリット博士は、ワクチン接種者がスパイクタンパク質やその他のものを「排出」して、ワクチン未接種の人々、特に女性に害を与えているかもしれないという最近の主張について考えを述べている。

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、自分の免疫系が自分の組織の一部を攻撃してしまう病気です。典型的な例としては、患者さんが自分の軟骨に対して抗体や免疫反応を起こす関節リウマチや、患者さんの免疫系が自分の神経を攻撃するギラン・バレーがあります。自己免疫疾患は、ワクチンによる免疫反応で常に発生するリスクであり、ギラン・バレーはそのような副作用の中でも最も一般的なものの1つです。 しかし、コビド遺伝子治療では、自己免疫疾患の可能性がより高く、また、その範囲も広くなっています。注射された被験者の細胞は、それ自体が、彼らの体が抗体を産生する改変されたウイルスのスパイク糖タンパク質の生産者なのである。したがって、その抗体が被験者の多くのSGP産生組織を標的としてしまうという深刻なリスクがある。このことは、多くの組織や臓器を巻き込む自己免疫疾患の新たなリスクをもたらす。 また、人間の組織の中には、SGPと類似した細胞を含むものがある。これは、自己免疫疾患のリスクをさらに高めることになる。その一例が、生殖組織で重要なタンパク質であるSyncytin-1である。これについては、不妊症のリスクに関して後述する。

天然の非特異的抗体の抑制

多くのコロナウイルスを含む多くの異なるウイルスから保護する天然の非特異的抗体の抑制。すでに述べたように、注射によって誘発される抗体は非常に特異的であり、狭いスペクトルのコロナウイルスしか標的にしていない。したがって、注射によって、実験対象者は非特異的な抗体と、多種多様なウイルス感染に対する強固な自然免疫力を失うことが予測される。つまり、注射された被験者は、多くのコロナウイルスや新種のウイルスに対してより脆弱になるのです。Geert Vanden Bossche博士のWHOへの公開書簡を参照してください。 

https://fos-sa.org/2021/03/12/open-letter-to-the-who-immediately-halt-all-covid-19-mass-vaccinations-geert-vanden-bossche-dmv-phd/

抗体依存的な疾患増強

中和抗体を誘発するように設計されたCOVID-19ワクチンは、ワクチン接種者を、ワクチン接種を受けなかった場合よりも重症化させる可能性がある。2012年に行われた、SARS C0V1用の複数の異なる実験的コロナウイルスワクチンの動物実験について考えてみましょう。しかし、実際のコロナウイルスに感染すると、一般に致命的ではないコロナウイルスに感染した場合よりもはるかに重症化し、死亡率も高くなった。
SARSコロナウイルスワクチンによる免疫で、SARSウイルスにチャレンジすると肺の免疫病変が起こること https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0035421

病原性プライミングなど様々な呼び名があるAntibody Dependent Enhancementの仕組みを検証してみよう。中和抗体とは、感染症、この場合はコロナウイルスのSGPに結合して、ウイルスを中和し、感染を起こさないようにするための抗体である。そして、ウイルスに付着した中和抗体は免疫細胞にも結合し、免疫細胞がウイルスを摂取し、破壊して処分することになっています。しかし、懸念されるのは、過去に動物実験されたすべてのコロナウイルスワクチンと同様に、抗体は最適ではなく、ウイルスを中和しないことです。その代わりに、抗体は免疫系の貪食担当細胞に生存ウイルスを取り込み、感染させるのに役立ちます。より多くの細胞が感染すると、より多くのウイルスが産生され、それがより多くの最適でない抗体を誘発し、より多くの免疫細胞に生存ウイルスを取り込むことになる。雪だるま式に増えていき、注射をするたびに、また感染するたびに、悪化していくのです。

さらに、「ワクチン」のmRNAに反応して産生された全身の細胞上にスパイク状の糖タンパク質が存在するため、さらに複雑化する可能性がある。ここで懸念されるのは、誘導された免疫反応に反応して、あるいは将来コロナウイルスに感染したときに誘発されて作られる抗体が、体中の自分自身の細胞を標的にしてしまうことである。これは自己免疫疾患のリスクを高めるだけでなく、全身に深く広がる炎症を引き起こし、コロナウイルス感染症の抗体依存性の増強に拍車をかけることになります。このことは、被害者の体全体に、より多くの炎症を引き起こすことになります。

全身に広がる炎症は、サイトカインという炎症を引き起こす化学物質がすべて存在するため、サイトカインストームと表現されることもあります。その結果、敗血症性ショックが起こり、死に至ることもあります。
実際のコロナウイルスに直面したとき、2012年のコロナウイルスワクチンの実験動物たちは、はるかに深刻な病気になり、高い死亡率を経験しました。解剖の結果、肺に深刻な炎症性の変化が見られ、「好酸球」と呼ばれる免疫細胞の一種が多く存在することが判明した。

これまでのコロナウイルスワクチンの試みがそうであったように、この「ワクチン」とその産生を誘発する抗体は、将来コロナウイルスに感染すると、自然に起こるよりもはるかに重症化し、致命的とさえなりかねないのです。
コビッド・エシックスの医師団は、「コビッド19に対するワクチンはなぜ不要で危険なのかを専門家が説明する」という記事の中で、このことを説明している。
「免疫学的プライミングにより、凝固、出血、その他の有害事象のリスクは、再接種やコロナウイルスへの曝露のたびに増加することが予想されます。数ヶ月であれ数年であれ[35]、このことは、ワクチン接種がなければCOVID-19が実質的なリスクをもたらさない、若くて健康な年齢層にとってワクチン接種とコロナウイルスの両方を危険にさらす。"
https://johnplatinumgoss.com/2021/05/01/experts-explain-why-vaccines-against-covid-19-are-unnecessary-and-dangerous/amp/?__twitter_impression=true

ドクターズ・フォー・コビッドの倫理資料についてはこちら https://doctors4covidethics.org/blog/

政府、大手製薬会社、メディアは、本来は致命的ではない風邪のために、危険な実験的注射を受けるように人々をだまし、その人々が将来風邪をひくと重症化し、致命的になることさえあるというシナリオがいかに曲者であるかを考えてみよう。実験動物に起こったことであり、コロナウイルスワクチンが放棄された理由でもある。

同様の抗体依存性の疾患増強は、小児におけるRSVワクチンの実験でも見られ、致命的な結果が得られている。 https://beforeitsnews.com/agenda-21/2021/01/professor-dolores-cahill-why-people-will-start-dying-a-few-months-after-the-first-mrna-vaccination-2811.html
このことは、注射された人が、次の風邪の季節に重症化し、致命的な病気になる可能性があることを意味していますので、注意してください。特に心配なのは、これが「コビッド19」と誤表示され、いわゆる「ワクチン」に向かう人が増えるかもしれないことです。
抗体依存性増強の他の用語としては、以下のようなものがある。「ADレスポンス、病理学的プライミング、免疫プライミング、免疫スーパープライミングなど。
ドロレス・ケイヒル教授:なぜ人々は最初のMRNAワクチン接種の数ヵ月後に死に始めるのか? https://www.bitchute.com/video/Dxjp6nkwhWn8/

検死では、呼吸器感染を引き起こすウイルス感染と、SGPを産生し負担することで全身の組織に拡散的な免疫攻撃を引き起こすウシに対する免疫反応とを区別することができた。
この抗体依存性増強のリスクは、注射の実験対象者には開示されていない。これは、この世界的な注射キャンペーンに関わるニュルンベルク綱領のもう一つの犯罪的な違反である。ここでは、科学者たちは、この注射が将来のコロナウイルス感染を良くするどころか、悪化させる可能性があることを実験被験者に明確に伝えるべきだったと結論づけている。 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33113270/
以下は、その結論の抜粋である。"インフォームドコンセントのための患者の理解という医療倫理基準を満たすために、現在ワクチンの治験を受けている研究被験者、治験に募集されている被験者、ワクチン承認後の将来の患者に対して、COVID-19のADEの特異で重大なリスクは顕著に独立して開示されるべきであったし、されなければならなかった。"

ワクチン」キャンペーンの結果、ウイルスの変種が生まれる。抗体を介した選択。

また、大量に注射することで特異的な抗体が作られ、それを逃がすためにウイルスが微妙に変化し、変種が生まれる現象を「抗体依存性増強」という言葉で表現することもある。これをより正確かつ具体的に表現したのが「抗体媒介選択」である。ノーベル賞受賞のウイルス学者モンタニエ教授は、「ワクチン接種」キャンペーンを「受け入れがたい誤り」と表現し、「変種の原因となっているのはワクチン接種である」と説明している。
https://www.sify.com/news/mass-vaccination-during-pandemic-historical-blunder-nobel-laureate-news-national-vfzmOvddfbagj.html

免疫抑制

ワクチンに反応する際の免疫系の抑制は、一般的に懸念されることです。例えば、インフルエンザの予防接種を受けた後に体調を崩すという話はよく聞きます。この効果は、コビド注射後に被験者に帯状疱疹の発生が多く報告されていることを説明するものかもしれません。帯状疱疹は、患者さんの末梢神経節(脳からの神経と皮膚などの末端の神経がつながる場所)で、それまで休眠状態だった水痘帯状疱疹ウイルスが活性化し、激しい痛みを伴う発疹が出るものです。 

研究内容COVIDワクチンの一部は帯状疱疹または帯状疱疹を再活性化させる可能性あり

https://fox2now.com/news/national/study-some-covid-vaccines-may-reactivate-shingles-or-herpes-zoster/

早期に発生する様々な神経症状

注射後、数日から数週間で様々な神経障害が発生したとの報告が多数あります。
カナダBC州のチャールズ・ホフ博士は、実験的な注射を受けた患者に複数の神経障害があることを指摘した。彼は、自分の純粋な懸念を公表したが、それ以来、BC州政府とBC州医師会から迫害を受けることになった。ここでは、ホフ博士が勇敢に発言している。 https://www.bitchute.com/video/ZPCQ28sfOxgi/

コビド注入後の被験者の神経障害発症には、様々なメカニズムが働いている可能性があります。前述したように、脳卒中様事象の多くには、細い血管での血栓が関与していると思われる。このような脳梗塞は、多くの細い血管の損傷や血栓が原因で起こるため、CTスキャンなどの診断検査では、大きな血管が関与している場合のような脳卒中パターンを示すことができない場合があります。しかし、微細な血管の凝固では、脳細胞への血液供給が遮断され、ダメージは現実のものとなる。
神経障害へのナノ粒子の寄与。
mRNAカクテルを運ぶナノ粒子は、血液脳関門を通過することができます。これは珍しいことで、心配なことです。脳細胞にスパイク糖タンパク質をコードするウイルス性遺伝物質が存在する場合に何が起こるかは、非常に予測困難であるが、注射後に報告された多くの中枢神経系および神経系障害を説明するのに役立つことは確かである。また、ナノ粒子自体の脳内への影響も不明であり、これらの注射によって引き起こされる神経障害に直接的に寄与している可能性がある。
ナノ粒子はそれ自体で神経毒性を示し、胎盤の関門を越えて胎児にまで影響を及ぼします。注射をした被験者と生まれてくる子供の両方が、脳細胞の損傷を経験するのです。 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29610530/
また、ナノ粒子の研究は多岐にわたり、電磁気現象を利用して神経細胞(脳細胞)とインターフェースするナノ粒子まである。 https://medium.com/the-shadow/nanoparticles-on-my-mind-783403fb17af

https://www.nature.com/articles/s41565-019-0521-z#Abs1 標的神経回路の遠隔操作による化学磁気変調

マイアミ大学工学部のSakhrat Khizroev教授が率いるDARPAの資金提供を受けているチームについて考えてみましょう。彼らは、ナノ粒子を用いて、ワイヤーやインプラントを使わずに脳と「会話」する方法を考え出した。磁気電気ナノ粒子(MENP)と呼ばれる新しいタイプの超微粒子」を使って、血液脳関門を通過するのです...「MENPが脳内に入り、ニューロンの隣に配置されたら、外部磁場でそれを刺激すれば、今度は電界が発生して、電線を使わずに会話できるようになります」と、キッズロエフ教授は説明しました。
DARPAは、Next Generation Non-surgical Neurotechnology(N3)プログラム(通称BrianSTORMs)の一環として、これに資金を提供しました。このプログラムの認められる目標は、「健常な軍人のための高性能で双方向のブレイン・マシン・インターフェースを開発すること」です。
DARPAとは、国防高等研究計画局(The Defense Advanced Research Projects Agency)のこと。米国国防総省の研究開発機関であり、軍で使用する新技術の開発を担当する。
コビ