マーク・トロッツィ博士

誠実な人|倫理的な人|医師

注射をしないで自由でいるための法律相談

はじめに

これらの注射はワクチンではなく、コロナウイルスの感染や伝達を防ぐものではありません。しかし、人々は人権侵害を利用して、強制的な注射を受け入れるように仕向けられているのです。

ある米国の弁護士が、雇用主やその他の機関が、生計を立てる自由や社会で自由に行動する自由などの人権を侵害すると脅して、あなたに注射の服従を強制しようとする場合に対処する一つの方法について、優れたアドバイスを提供しています。   

自分を守るために、これらの法的洞察を役立てていただければ幸いです。

もし上司に「予防接種を受けないとクビだ」と脅されても、拒んではいけない。

ジャブを断らない、サインをしないことが秘訣です。

弁護士から

仕事を続けるためにVaxを強要された場合、こんな対処法があります。(条件付き承諾)

その秘訣は、「断らない」ことです。

「私は、コビド・ワクチンの可能性について、事前にすべての情報を入手し、評価したいと思い、この手紙を書いています。法的な要件に基づき、以下の情報を提供していただけると幸いです。

  1. ワクチンの法的承認状況、実験的なものなのかどうか、教えてください。
  2. ワクチンが対照群に対して完全かつ独立した厳密な試験を行ったこと、およびその試験結果の詳細と確証をお願いします。
  3. 私が受ける予定のワクチンの内容物の全リストと、体に毒性があるものがあるかどうかを教えてください。
  4. このワクチンの導入以来の副反応をすべて教えてください。
  5. あなたが提唱しているワクチンは、実験的なmRNA遺伝子改変療法ではないことを確認してもらえますか?
  6. ニュルンベルク・コードに従って、私の雇用主であるあなた方から私が強要されることがないことを確認していただけますか?
  7. 万が一、Covid 19に感染した場合の致命的なリスクと回復の可能性について教えてください。
  8. もし副反応が出た場合、ワクチンの製造元に責任はあるのでしょうか?もし製造元に責任がない場合、私が現在雇用されている会社は、雇用を継続するためにワクチンを接種するよう要請しているため、責任と義務を負うのでしょうか?

私は上記の情報を完全に受け取り、私の健康への脅威がないことを納得した上で、治療を受ける申し出を喜んで受け入れますが、それには一定の条件、すなわち以下があります。

  1. あなたは、私が損害を受けないことを書面で確認します。
  2. この申し出に同意した上で、私自身に発生したいかなる怪我に対しても、またこれらの処置に関して許可された担当者が行ったいかなる行為に対しても、法的および金銭的な責任を負う、十分な資格を有する医師による署名が必要である。
  3. 万が一、接種をお断りすることになった場合、私の立場は損なわれず、その結果、偏見や差別を受けることがないことをご確認ください。

また、私の不可侵の権利は留保されることを助言します。

重要なのは、もし彼らがその情報を提供できないのであれば、あなたは拒否していないということです。

JP Searsによるちょっとしたコメディ

まだご覧になっていない方は、JP Searsによる洞察に満ちたパロディをお楽しみいただけると思います。

シェアボタン

テレグラム
電子メール
フェイスブック
ツイッター
WhatsApp
プリント

ニュースレター

Dr.トロッツィのコンテンツ公開をいち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、登録解除や通知設定の変更はいつでも可能です。


このフォームを送信することにより、お客様はTrozzi, RR2, Bancroft, ON, K0L 1C0, https://drtrozzi.com/からのマーケティング・メールの受信に同意したものとみなされます。メール受信の同意は、各メールの下部にあるSafeUnsubscribe®のリンクを使って、いつでも取り消すことができます。電子メールはConstant Contactでサービスしています
ja日本語