マーク・トロッツィ博士

Covid-19「ワクチン」接種前の感染致死率を更新しました。

スタンフォード大学のIoannidis教授らが38カ国の血清レベルおよび死亡率データを分析した結果を、私が6分間のビデオにまとめました。

スタンフォード大学のIoannidis教授とその同僚が、38カ国の「ワクチン接種」前の有病率と死亡率のデータを詳細に分析し、このほど発表されたことに感謝します。以下は、私の6分間の簡単なビデオレポートと、研究論文の全文とリンクです。

感染症致死率(IFR)

38カ国中29カ国がデータの年齢層別化を行い、このような結果になりました。

様々な年齢層のIFRの中央値または「典型的な」IFR。   

  • 0~19歳0.0003% 100万分の3
  • 20~29歳0.002% 10万人に2人
  • 30~39歳0.11% ~1000人に1人
  • 40~49歳0.035% 10,000人に3.5人
  • 50~59歳0.123%~1000人に1人
  • 60~69歳0.506%〜1000分の5

より幅広い年齢層にとって、これは万人向けということでした。

  • 0~59歳:0.035% 10,000分の3.5
  • 0~69歳:0.095%<1000分の1

関連資料

トロッツィ・リポート私たちは最高のリソースを提供し、私たちの電子メールニュースレターにサインアップすることをお勧めします。
テレグラム
ツイッター
フェイスブック
電子メール
プリント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA Imageイメージチェンジ

トロッツィ・リポート私たちは最高のリソースを提供し、私たちの電子メールニュースレターにサインアップすることをお勧めします。

トロッツィ医師が新しいビデオや記事を発表したら、いち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、通知設定はいつでも変更できます。

ja日本語