マーク・トロッツィ博士

誠実な人|倫理的な人|医師

コビットショットでサリドマイドがフリントストーンビタミンに見えてくる

産科医、婦人科医、研究者のスロップ博士が警鐘を鳴らしている。

スロップ博士は、産婦人科医として、また母体胎児医学の専門医として認定されています。43年以上の優れたキャリアを持ち、産科医として米空軍に勤務、主要医学雑誌の査読者、ABOGの審査員、母体胎児医学協会の理事を務め、米国上院で患者としての胎児の扱いに関する鑑定人として証言するなど、幅広い分野で活躍している。

ここでソープ博士は、2022年6月11日、世界保健協議会の総会で講演を行った。

上の動画は、2022年7月11日に行われた週例総会ライブの模様を編集したものです。毎週開催しているミーティングは 首尾一貫した 世界中のトップ・エキスパートがお届けする、偏りのない真の知識の源です。毎週月曜日、日本時間の午後2時から、こちらでお聞きください。 https://worldcouncilforhealth.org/newsroom

一方...

リン・マーフィー=コールベック博士

現実と道徳とは対照的に、私の故郷オンタリオ州の「妊娠ケア提供者」とされる人たちがここに並んでいる。彼らは妊婦に注射を勧めることで、胎児や母体の血液を手に塗っているのだ。 https://vimeo.com/showcase/covid19pregnancy

この「専門家」はどうでしょうか?という質問に対して「ニューブランズウィック州モンクトン病院のリン・マーフィー=コールベック医師(PerinatalNBの医療ディレクター)は、「一言で言えば、イエスです」と答えた。 これは、カナダの国家宣伝機関であるCBCが妊婦にこの毒物注射を押し付けるという話である。

その他の関連資料

  1.  というタイトルでソープ博士が言及した記事。 患者の裏切り。医療の堕落、インフォームド・コンセント、医師と患者の関係。
  2. ファイザー社の試験注射された母親は全員、生まれてくる子供を失った
  3. 子どもの重症肝炎!どうなってるの?
  4. 英雄メル・ブルシェ医学博士、80歳、手錠をかけられ、薬を飲まされ、警告のために投獄された。
  5. 長瀬博士がファイザー、カナダの犯罪者、子供の生け贄などを暴露
  6. コビド "ワクチン"、その危険性は?欧米で使用されているコビド「ワクチン」の背後にある科学を徹底的に調査し、1年以上前に、私たちが今見ているもの全てに警告を発したものです。このビデオや記事は、いわゆるコビド「ワクチン」の世界をしっかりと紹介するものです。

シェアボタン

テレグラム
電子メール
フェイスブック
ツイッター
WhatsApp
プリント

ニュースレター

Dr.トロッツィのコンテンツ公開をいち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、登録解除や通知設定の変更はいつでも可能です。


By submitting this form, you are consenting to receive marketing emails from: Trozzi, RR2, Bancroft, ON, K0L 1C0, https://drtrozzi.com/. You can revoke your consent to receive emails at any time by using the SafeUnsubscribe® link, found at the bottom of every email. Emails are serviced by Constant Contact
ja日本語