マーク・トロッツィ博士

誠実な人|倫理的な人|医師

CA デュクロ保健相、コビド注射の永久保存を宣言

これは不吉だ。注射は病気であって、治療法ではない。

カナダのいわゆる「保健」大臣であるJean-Yves Duclosが発表した、ディストピア的な新しい宣言を見てみよう。私たちには懸念すべき大きな理由がある。

私見ですが。

コビド注射の問題点として、以下の点をご検討ください。

1 いわゆるコビド「ワクチン」は、30年間のすべての病気に対するすべてのワクチンを合わせたものより、何倍も多くの死亡報告を出しているのです。

2 これらの注射は、注射をしていない人に比べて、はるかに大きなコビド19病のリスクを人々に与えているのだ。例えば、最近のカナダの統計では、2回注射された人の感染率は自然人に比べて2.5倍、3回注射された人の感染率は3倍以上であることを示している。

3 これら 注射によって、注射された人にとって特に危険なコロナウイルスの亜種が進化しています。.注射は可能です。 を発症し、重症化したり死亡したりする可能性が高くなります。

4 これらの注射は、それを受けることを強要された人々におびただしい被害を発生させる().

5 ファイザー社独自のデータで明らかになったこと 注射後3ヶ月以内に3%が死亡、28%が重傷、または "継続中 "となった。であり、約 注射した妊婦のうち100%の赤ちゃんが死亡したと報告.

5.3.6 承認後の有害事象報告の累積分析 2021 年 2 月 28 日までに受領した PF-07302048 (BNT162B2) の報告書

¨270件の妊娠の転帰は以下のように報告されています。 自然流産 (23)転帰未定(5)、新生児死亡を伴う早産、子宮内死亡を伴う自然流産(各2)、新生児死亡を伴う自然流産、正常な転帰(各1)です。 238人の妊娠については、アウトカムが提供されていない。s(なお、各双子で2種類の結果が報告されており、両方がカウントされている)¨。

ファイザー社の資料, 12ページ

では、トルドー政権とカナダの「保健」大臣ジャン=イヴ・デュクロは、何を動機としてこのようなことを言ったのだろうか?

注射は問題であって、解決策ではない。

友人たち、2019年に発売されたSARS CoV2ウイルスは、せいぜい0.3%の死亡率だったそうです。いわゆる「ワクチン」がない武漢では が約1,000万人を対象に行った調査では、短期間のロックダウンを終えてからわずか数カ月で、感染は基本的に終息し、当然ながら後手に回ったことが示されました。

しかし、カナダなど世界で最も注射が普及している国では、いまだに問題があり、感染症や死亡率が最も高いのです。なぜ、どのように?12月12日に紹介した説明は以下の通りだ。くぼう2021年、ブラジルで開催される世界大会にて。

勉強し、共有し、ありがとうございます。 テコ入れ 私たちの使命

シェアボタン

テレグラム
電子メール
フェイスブック
ツイッター
WhatsApp
プリント

ニュースレター

Dr.トロッツィのコンテンツ公開をいち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、登録解除や通知設定の変更はいつでも可能です。


このフォームを送信することにより、お客様はTrozzi, RR2, Bancroft, ON, K0L 1C0, https://drtrozzi.com/からのマーケティング・メールの受信に同意したものとみなされます。メール受信の同意は、各メールの下部にあるSafeUnsubscribe®のリンクを使って、いつでも取り消すことができます。電子メールはConstant Contactでサービスしています
ja日本語