マーク・トロッツィ博士

誠実な人|倫理的な人|医師

ワクチン」義務化に疑問を投げかける「ワクチン」の有効性に関する35の研究結果

ワクチン接種から半年以上が経過し、コビドワクチンの有効性に関するエビデンスが続々と出てきています。ワクチンの有効性を評価する際には、感染、症候性疾患、感染に対する有効性と、入院や死亡に対する有効性を区別することが重要です。感染症や症候性疾患に対するコビド19ワクチンの効果は期待したほどではなく、免疫は数カ月後に徐々に低下する。一方,入院や死亡に対しては,免疫力は高く,少なくとも6カ月間持続する.

この結果は、イスラエル、英国、米国などにおける二重ワクチン接種後の世界的な感染爆発を示唆している。-これは、ワクチン接種者がワクチン未接種者と同等かそれ以上にコビドを広めたことが原因である可能性があります。

当然の疑問として、症候性疾患を予防する能力が限られたワクチンは、より強毒な株の進化を促進するのではないだろうか?2015年のPLoS Biologyの論文で、Readらは次のように観察しています。

「従来の常識では、宿主の死によって感染力が大幅に低下すれば、致死性の高い病原体は自然淘汰されると考えられていた。宿主を生かしつつも感染を可能にするワクチンは、その結果、非常に毒性の強い株が集団で循環することを可能にする。"

したがって、未接種者が接種者を危険にさらすのではなく、理論的には接種者が未接種者を危険にさらしている可能性がありますが、その根拠はまだ見つかっていません。

ここでは、コビドに対するワクチン誘発免疫に光を当てた研究・報告を要約する。これらは、現在何百万人もの人々の雇用を脅かしているワクチン義務化の問題点を浮き彫りにしている。また、子供たちへのワクチン接種の議論に疑問を投げかけている。

1) イスラエルのGazitらは、「SARS-CoV-2未接種者は、既感染者と比較して、デルタ変種による破たん感染のリスクが13倍(95% CI, 8-21)増加した」ことを示した。発病/ワクチン接種時期を調整すると、リスクは27倍(95% CI, 13-57)に増加した。

2)感染リスクを無視し、誰かが感染したことを前提に、Acharyaらは "SARS-CoV-2 Deltaに感染したワクチン群と非接種群、無症状群と有症状群の間でサイクルの閾値に有意差はない "とした。

3) Riemersmaらは、「ワクチン未接種者とワクチン「ブレークスルー」感染者を比較した場合、ウイルス量に差はない」ことを明らかにした。さらに、ワクチンのブレークスルー感染者は、感染性ウイルスを排出する能力を持つウイルス量と一致する陽性反応を示すことが多い」。結果は、"ワクチン接種者がデルタ変種に感染した場合、他の人へのSARS-CoV-2の感染源となる可能性がある "ということを示している。彼らは、「完全ワクチン接種者310人中212人(68%)、ワクチン非接種者389人中246人(63%)でCt値が低い(<25)」と報告した。これらの低CT検体のサブセットを検査したところ、ワクチン未接種者の17検体中15検体(88%)、ワクチン接種者の39検体中37検体(95%)で感染性SARS-CoV-2を検出した。"と報告している。

4) カタールの研究では、Chemaitellyらは、重症および致死的疾患に対するワクチン効果(Pfizer)を報告し、少なくとも2回目の投与後24週間までは85-95%の範囲で有効であったという。一方、感染症に対する有効性は、2回目接種後15~19週で30%程度まで低下した。

5)ウィスコンシン州から、Riemersmaらは、ワクチン接種者がDelta変異体に感染すると、SARS-CoV-2を他の人に感染させる可能性があることを報告した。彼らは,ワクチン未接種者とワクチン接種者の有症者(それぞれ68%と69%,158/232と156/225)でウイルス量の上昇を見出した.さらに、無症状者では、ワクチン未接種者とワクチン接種者で、それぞれ29%と82%の高いウイルス量が検出された。このことは,ワクチン接種者が,知らず知らずのうちに感染,保菌,培養,伝播する可能性を示唆している.

6) Subramanianは、"国レベルでは、完全なワクチン接種を受けた人口の割合とCOVID-19の新規患者との間に識別可能な関係はないようだ "と報告した。米国の2947の郡を比較すると、ワクチン接種の多い場所の方が若干症例が少なかった。言い換えれば、明確な識別可能な関係はない.

7) Chauらは、ベトナムのワクチン接種を受けた医療従事者のSARS-CoV-2 Delta variantの感染について調べている。SARS-CoV-2陽性と判定された69人の医療従事者のうち62人が臨床研究に参加し、全員が回復した。このうち23人について完全なゲノム配列が得られ、全員がDelta変異型に属していた。"画期的なDelta variant感染症例のウイルス量は、2020年3月~4月に検出された旧型株感染症例の251倍であった "という。

8) マサチューセッツ州バーンスタブルで、ブラウンらは、COVID-19の469例のうち、74%が完全なワクチン接種を受けており、"ワクチン接種者は、感染した未接種者よりも平均して鼻にウイルスが多く入っていた "と発表している。

9)フィンランドで発生した院内感染について報告したHetemäliらは、「ワクチン接種を受けた医療従事者の間で有症状と無症状の両方の感染が認められ、個人防護具を使用していたにもかかわらず有症状の感染者から二次感染が発生した」と観察しています。

10) イスラエルの病院でのアウトブレイク調査において、Shitritらは「2回のワクチン接種者とマスク着用者の間でSARS-CoV-2 Delta variantの高い感染性が観察された」ことを明らかにした。彼らは、「このことは、合併症のない人にはまだ予防効果があるとはいえ、免疫の衰えを示唆している」とも述べている。

11)英国COVID-19ワクチンサーベイランス報告書#42週において、「時間の経過とともにN抗体反応が衰える」、「2回接種後に感染した個体ではN抗体レベルが低くなるようだ」と記載されている。同報告書(表2、13ページ)によると、30歳以上の高齢者では、2回接種者は非接種者に比べて感染リスクが高いが、これは後者にはコビド病の既往で自然免疫が強い人が多いためと推定される。一方、すべての年齢層でワクチン接種者はワクチン未接種者よりも死亡リスクが低く、ワクチンが感染よりも死亡に対する予防効果を発揮していることが示された。同様のデータについては、英国PHEレポート43, 44, 45, 46も参照。

12) イスラエルでは、Levinらが「ワクチン接種を受けた医療従事者を対象に、抗スパイクIgG抗体および中和抗体の存在を毎月検査する6ヶ月間の縦断的前向き研究を実施した」。彼らは、「BNT162b2ワクチンの2回目の投与を受けてから6カ月後に、特に男性、65歳以上の人、免疫抑制のある人の間で、体液性反応が大幅に低下した」ことを発見しました。

13)ニューヨーク州の研究では、Rosenbergらは「2021年5月3日から7月25日の間、ニューヨークの入院に対する全体の年齢調整済みワクチン効果は比較的安定していた89.5%-95.1%)」と報告しています。ニューヨークの全成人の感染に対する全体的な年齢調整済みワクチン効果は、91.8%から75.0%に低下した。"と報告しています。

14)Sutharらは、"我々のデータは、BNT162b2ワクチンの2回目の免疫後6ヶ月で、SARS-CoV-2とその亜種に対する抗体反応とT細胞免疫が大幅に衰えたことを示している "と指摘した。

15) スウェーデンのウメオ大学の研究において、Nordström et al.は、"BNT162b2の感染に対するワクチン効果は、15~30日目の92%(95% CI、92~93、P<0-001)から121~180日目の47%(95% CI、39~55、P<0-001)と徐々に低下し、211日目以降は効果が検出できなかった(23%;95% CI、-2~41、P=0~07)"と観察しています。

16) Yahiらは、「Delta変異体の場合、中和抗体はスパイクタンパク質に対する親和性が低下するが、促進抗体は顕著な親和性上昇を示す」と報告している。したがって、抗体依存性の増強は、オリジナルのWuhan株のスパイク配列に基づくワクチンを受ける人々にとって懸念されるかもしれない "と報告しています。

17) Goldbergら(イスラエルのBNT162b2ワクチン)は、"SARS-CoV-2のデルタ変異体に対する免疫は、2回目のワクチン接種後数ヶ月ですべての年齢層で衰えた "と報告している。

18) Singanayagamらは、ワクチン接種者と未接種者の軽度のデルタ変種感染者を対象に、地域社会における感染とウイルス量の動態を検討した。その結果,(英国COVID-19指標症例471人の地域接触者(英国の契約追跡システムで特定)602人が,接触者におけるCOVID-19の伝播および伝染性の評価コホート研究に採用され,最大20日間毎日サンプリングして上気道サンプル8145件を提供)「ワクチン接種はδ型感染のリスクを減らし,ウイルスの除去が促進される」ことがわかった.それにもかかわらず、ブレークスルー感染症の完全ワクチン接種者は、ワクチン未接種例と同様のピークウイルス量を有し、完全ワクチン接種者の接触者を含む家庭環境において効率的に感染させることができる。"

19.NEJM誌のKeehnerらは、最近、高度にワクチン接種された医療システムの労働者におけるSARS-CoV-2感染の復活について報告しています。mRNAワクチンの接種を2020年12月中旬に開始し、3月までに労働者の76%が完全に接種され、7月には87%に上昇した。2021年2月上旬には感染者が激減した...」6月15日にカリフォルニア州のマスク義務化が終了し、B.1が急速に優勢になったことと重なる。.617.2 (delta)変異体が4月中旬に出現し、7月末までにUCSDH分離株の95%以上を占め、完全接種者の症例を含めて感染が急増した。"6月から7月にワクチン効果が劇的に変化したのは、delta変異体の出現と時間の経過による免疫力の低下の両方によるものと考えられる" と研究者は報告している。

20.Juthaniらは、Yale New Haven Health Systemが収集した実データを用いて、SARS-CoV-2感染が確認された患者におけるワクチン接種が入院に与える影響を明らかにしようとした。「患者は、症状発現またはSARS-CoV-2のPCR検査陽性の少なくとも14日前に最終投与(BNT162b2またはmRNA-1273の第2投与、またはAd.26.COV2.Sの第1投与のいずれか)が行われた場合に完全接種とみなされました。合計で、SARS-CoV-2のPCR検査が陽性であることが確認され、Yale New Haven Health Systemの病院に入院した患者969人を特定した」...研究者は、「BNT162b2ワクチンを接種した患者の方が、mRNA-1273またはAd.26.COV2.Sを接種した患者より重症または重症を患う患者が多くいた」...報告した。

21.CDCが発表したごく最近の研究によると、Covid-19様疾患に罹患して入院した患者の大半(53%)が、すでにRNA2回接種で完全に予防接種を受けていたことが報告されています。表1によると、コビッド-19で入院した免疫不全の成人20,101人のうち、10,564人(53%)がファイザーまたはモデナのワクチンを完全に接種していました(接種は、入院指標日の14日以上前にmRNAベースのCOVID-19ワクチンを正確に2回接種したことと定義されます)。これは、入院前の直近のSARS-CoV-2検査陽性または陰性結果に関連する呼吸器検体採取日、または検査が入院後に行われた場合は入院日である)。このことは、ワクチン接種時のデルタ・ブレークスルーが直面する継続的な課題を浮き彫りにしている。

22.Eyre, 2021は、The impact of SARS-CoV-2 vaccination on Alpha & Delta variant transmission(SARS-CoV-2ワクチン接種がアルファおよびデルタ変異体伝播に及ぼす影響)を調べた。彼らは、「ワクチン接種は依然として感染リスクを低下させるが、ワクチン接種者と非接種者のDelta感染者のウイルス量が同程度であることから、ワクチン接種がどの程度後方感染を防ぐのか疑問が残る...感染低減は2回目のワクチン接種から時間とともに減少し、DeltaについてはChAdOx1が12週までに非接種者と同レベルに達し、BNT162b2は大幅に減衰する」と報告した。ワクチン接種による接触者の保護も2回目のワクチン接種後3カ月で減少した...ワクチン接種はDeltaの伝播を減少させるが、Alpha変異体よりも少ない。"

23.Levine-Tiefenbrun, 2021は、BNT162b2によるワクチン接種とブースター後のDelta-variant SARS-CoV-2画期的感染症のウイルス量を調べ、接種後の時間とともにウイルス量減少効果が減少し、"接種後3カ月で有意に減少、約6カ月で効果的に消失 "と報告した。

24.Puranik, 2021は、α変異型とδ変異型の流行時期におけるCOVID-19に対する効果の高い2つのmRNAワクチンの比較について調べ、「7月には、入院に対するワクチン効果は高いままであった(mRNA-1273:81%, 95% CI: 33-96.3%; BNT162b2: 75%, 95% CI: 24-93.9%), しかし感染に対する効果は両ワクチンとも低かった (mRNA-1273, 95% CI: 24-93.9%):76%, 95% CI: 58-87%; BNT162b2: 42%, 95% CI: 13-62%), BNT162b2ではより顕著な減少がみられました。"

25.Saade, 2021は、回復期の患者およびSARS-CoV-2の19A, 20B, 20I/501Y.V1, 20H/501Y.V2 分離株に対するワクチン接種被験者のライブウイルス中和試験を調べ、「細胞感染を防ぐ抗体の中和能を、異なる株[19A(初期のもの)、20B(B.1.1.241 系統)、20I/501Y.V1 (B.1.1.7 系統)、および 20H/501Y.V2 (B.1.351系統)]を,異なる集団から採取した血清試料で測定した.すなわち,2回接種のCOVID-19非感染者(HCWs;ファイザー・バイオテックBNT161b2),6カ月後の軽度COVID-19 HCWs,および重症COVID-19 患者である.V2変異体に対する中和反応が、野生型および20I/501Y.V1変異体と比較して、BNT162b2ワクチンで完全に免疫された被験者で観察されたことである。"

26.Canaday, 2021は、COVID-19 BNT162b2 mRNAワクチン接種後6ヶ月の医療従事者と老人ホーム入居者の体液性免疫の有意な低下を調べ、「抗スパイク、抗RBD、中和レベルは、SARS-CoV-2の先行感染にかかわらず、すべてのグループで6ヶ月間で841 TP2T以上低下した」と報告している。ワクチン接種後6ヶ月の時点で、感染していないNH住民の70%が検出下限以下の中和力を持っていたのに対し、完全接種後2週間では16%であった。これらのデータは,全群で抗体価が有意に低下していることを示している.特に、感染していないNH居住者は、ワクチン接種直後の初期体液性免疫が低く、6カ月後に最も低下することが示された。"

27.Israel, 2021は、「BNT162b2 mRNAワクチンまたはSARS-CoV-2感染後の抗体価の減衰に関する大規模研究」を見て、「BNT162b2ワクチンの2回投与、または未接種者のSARS-CoV-2感染後のSARS-CoV-2 IgG抗体のキネティクスを明らかにする...」として報告した。ワクチン接種者では,その後1カ月ごとに最大40%の抗体価の低下がみられたが,回復者では1カ月あたり5%以下の低下であった.BNT162b2ワクチン接種後6カ月で16.1%の被験者の抗体価が血清陽性の閾値である<50 AU/mLを下回ったが,SARS-CoV-2感染から9カ月後の回復期患者の抗体価が<50 AU/mの閾値を下回ったのは10.81 TP2Tだけであった."

28.Eyran, 2020は、COVID-19回復者の14カ月にわたる抗体の縦断的動態を調べ、「回復者に比べ、ナイーブワクチン接種者では有意に速い減衰が見られ、自然感染後の血清記憶がワクチン接種と比較してより強固であることが示唆された」と報告している。我々のデータは、自然感染とワクチン接種によって誘導される血清学的記憶の違いを強調している。"

29.Salvatoreらは、2021年7月から8月にかけて、連邦刑務所でSARS-CoV-2デルタ変種に感染したワクチン接種者と非接種者の感染可能性を検討した。彼らは、95人の参加者から合計978の検体が提供され、"そのうち78人(82%)が完全ワクチン接種者、17人(18%)が完全ワクチン非接種者であり、臨床医や公衆衛生実務者はSARS-CoV-2に感染したワクチン非接種者の感染力が低下していないと考えるべき "としました。

30)Andewegらは、2021年3月から8月にかけてオランダで実施された全国共同検査で得られた免疫状態が既知の人のSARS-CoV-2検体28,578件の塩基配列を解析した。彼らは、「ワクチン接種後にα(B.1.1.7)変異体と比較してβ(B.1.351)、γ(P.1)、δ(B.1.617.2)変異体による感染リスクが増加する」というエビデンスを見いだした。ワクチン間の明確な差は認められなかった。しかし、その効果は、60日以上と比較して、完全接種後14~59日目に大きくなった。ワクチンによる免疫とは対照的に、感染誘発免疫のある個体では、α変異体に対するβ、γ、δ変異体の再感染リスクの増加は認められませんでした。"

31)Di Fuscoらは、BNT162b2を完全接種した免疫不全患者におけるCOVID-19ワクチンの破たん感染の評価を実施した。"COVID-19ワクチンのブレークスルー感染について、完全接種(2回目接種後14日以上)のIC患者(ICコホート)、相互に排他的な12のIC条件群、および非ICコホートにおいて検討した。"その結果、「BNT162b2を2回接種した16歳以上の1,277,747人のうち、225,796人(17.7%)がIC(年齢中央値:58歳、女性56.3%)であると同定された。最も多く見られたICの状態は、固形悪性腫瘍(32.0%)、腎臓病(19.5%)、リウマチ/炎症性疾患(16.7%)であった。IC群および非IC群において,試験期間中に合計978件のbreakthrough infectionが認められ,124件(12.7%)が入院となり,2件(0.2%)が入院中の死亡となった.IC患者は,全突然変異型感染症の38.2%(N = 374),全入院の59.7%(N = 74),入院患者の死亡の100%(N = 2)を占めた.破傷風感染の割合は、ICコホートでは非ICコホートと比較して3倍高かった(N = 374 [0.18%] vs. N = 604 [0.06%]、未調整発生率はそれぞれ100人年当たり0.89および0.34)。".

32) Mallapaty (NATURE)は、すでに感染している場合にワクチンを接種することによる予防効果は、"比較的小さく、2回目の接種を受けてから3カ月後には驚くほど減少する "と報告している。Mallapatyはさらに、私たちが公衆衛生界に警告してきたことで、デルタに感染した人の鼻の中のウイルス遺伝子材料は、"以前にワクチンを受けたかどうかにかかわらず、ほぼ同じレベルであり、ワクチンを受けた人と受けていない人は同じように感染する可能性を示唆している "と付け加えています。Mallapatyは、英国で2021年1月から8月にかけてSARS-CoV-2に感染した95,716人の近親者139,164人の検査データ、しかもアルファとデルタの変種が優勢を争っていた時期の検査データを報告しました。その結果、「ワクチンは感染や前方伝播に対してある程度の防御効果を発揮するものの、Deltaはその効果を減衰させる」という知見が得られました。ワクチンを接種した後にデルタ型に感染した人は、アルファ型に感染した人に比べて約2倍の確率でウイルスに感染していたのです。そしてそれは、アルファによる感染よりもデルタによる感染の方がリスクが高いということに加えてのことでした」。

33) Chiaらは,PCRサイクル閾値(Ct値)は,「診断時にワクチン接種群と非接種群で同程度であったが,ワクチン接種者の方がウイルス量が早く減少した」と報告した.ワクチン接種者では、抗スパイク蛋白抗体の早期かつ強固なブーストが観察されたが、これらの力価は、ワクチン野生型株と比較して、B.1.617.2に対して有意に低かった。"と報告している。

34) Wilhelmらは、SARS-CoV-2 omicron変異体のワクチン血清およびモノクローナル抗体による中和作用の低下について報告した。"本物のSARS-CoV-2変種を用いたin vitroの知見は、現在流通しているデルタ変種とは対照的に、オミクロンに対するワクチン誘発血清の中和効力は著しく低下し、T細胞媒介免疫が重症COVID-19を防ぐために必須のバリアであると強調した "と述べている。

35) CDCは、オミクロン変異体に起因する43例のCOVID-19の詳細について報告した。彼らは、"34例(79%)が、症状発現またはSARS-CoV-2検査陽性結果受領の14日以上前にFDA公認または承認されたCOVID-19ワクチンの一次シリーズを完了した者に発生した "と報告している。

このような知見は、公衆衛生当局にとって未知のものではありません。実際、CDC長官のロシェル・ワレンスキーは、コビドワクチンが重症化や死亡に対して「例外的によく」機能しているが、「これ以上できないのは感染を防ぐことだ」と述べている。

これらの研究が示すのは、ワクチンは重篤な病気や死亡を減らすには重要だが、病気の蔓延を防ぎ、最終的に私たちのほとんどに感染させることはできない、ということである。つまり、ワクチンは被接種者、特に高齢の高リスク者に個別の利益をもたらすが、普遍的なワクチン接種の公共的利益は重大な疑問である。従って、コビドワクチンには、ウイルスの共同感染の排除や群衆免疫の達成に貢献することは期待できない。これは、ワクチン義務化とパスポートの根拠を解き明かすものである。

シェアボタン

テレグラム
電子メール
フェイスブック
ツイッター
WhatsApp
プリント

ニュースレター

Dr.トロッツィのコンテンツ公開をいち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、登録解除や通知設定の変更はいつでも可能です。


このフォームを送信することにより、お客様はTrozzi, RR2, Bancroft, ON, K0L 1C0, https://drtrozzi.com/からのマーケティング・メールの受信に同意したものとみなされます。メール受信の同意は、各メールの下部にあるSafeUnsubscribe®のリンクを使って、いつでも取り消すことができます。電子メールはConstant Contactでサービスしています
ja日本語