ワクチンによる抗体媒介選択の厳しい現実を明らかにする

抗原性の罪の原点。COVID-19ワクチン接種と最適でない初期免疫プライミングが抗体-細胞傷害性T細胞免疫応答を悪化させる

著者:Paul Alexander, Dan Stock, MD, and Mark Trozzi, MD

博士(工学)。 バンデンボッシェ と モンタニエ は、感染圧力が強いパンデミック時に、非常に狭いスパイク特異的(未熟で、最適とはいえない、不完全な、免疫ライブラリースペクトル)収量の、最適とはいえない抗体を用いてワクチンを接種することについて、私たちに警告しました。私たちは、イギリスやイスラエル、そしてアメリカでも、まさに今、そのような状況が起きていると主張しています。「新しい変異体は、抗体を介した淘汰によって作られることは明らかです。 ワクチン接種に."ワクチン接種と最適でない不完全な「動揺と錯乱」した抗体反応こそが、変種出現の原動力となっている。多くの若い健康なアスリートが死んでいくのはこのためなのだろうか?

現在では、COVID-19ワクチンが'リーキーリーキーワクチンは感染や伝播を止めず、免疫の逃避を可能にする)、COVIDウイルスを滅菌しない(非中和性であるか、この能力が非常に早く失われる)。これらのワクチンは、ワクチンを接種した国ほど、感染症の拡大という点で問題があることを示しています。これらのワクチンは、上気道を十分に保護するものではありません。ワクチンを接種しても、まったく無防備な人と同じように効率よく感染することが、データから明らかです。ワクチンによる免疫は4〜5ヶ月しかないようで、このようなワクチンで集団免疫を達成できると考える人がいるのでしょうか?これらのワクチンで群れ免疫を獲得することは事実上不可能です。可能性はゼロです。それなのに、私たちは5ヶ月ごとの接種を受け入れようとしているのでしょうか?免疫システムがそのように設計されているかどうか、私たちは知っているのでしょうか?これと同様に、抗体依存性増強(ADE)および抗体媒介性ウイルス増強(AMVE)も研究されていない。これは、ワクチン開発者とこれを実施する重要な規制機関であるFDAによる致命的な脱落であり失敗であった。 

しかし、CDC、NIH、ワクチン開発者とその支持者は、なぜこれらの漏れやすい「不完全な」ワクチンを国民、特に低リスクの人々に押し付け続けるのでしょうか。抗体免疫はすぐに衰え、あなたがやっていることは、国民にリスクを伴うブースター投与を繰り返すように仕向けているだけなのです。なぜワクチン開発者は、最初から失敗することが決まっていたかのように、このような不完全なワクチンを持ち込んだのでしょうか?前述のように、ヒトの免疫系がワクチンの反復接種に耐えられるかどうかは、まだ研究されていません。私たちは、ワクチン接種を受けた人々が、ある時点で、限られた「疑わしい」免疫を持つワクチンで感染を促進していることを目の当たりにしているのです。 

私たちのテーゼは、2種混合ワクチンと3種混合ワクチン(の可能性が高い。 イスラエルで四種混合ワクチン接種は、ワクチン未接種者(およびワクチン接種者)の弱者にとって深刻な結果をもたらすデルタ変種を伝播させている(であろう)。彼らは無症状のスーパースプレッダーとして潜在的に機能しているのです。これらのCOVIDワクチンは、被接種者を生存させるために機能しているが、感染と伝播を許容しており、非常に強毒な株が集団の中で循環することを許容する可能性があるということです。現在、私たちが目にしていることは、変種やワクチン接種者の感染の内訳の違いではとても説明できません。二重接種を受けた人々は、驚くほど高いレベルでウイルスを排出させられているのです。 

があります。 マレック病/Readら(症状を軽減するが、感染や伝播を止めない「リーキー」非殺菌、非中和不完全ワクチン)ニワトリモデルで、コンセプトは「リーキー」。 原初的な抗原の罪 (免疫系の最初のプライミングや暴露が、その病原体・ウイルスなどに対する免疫反応を生涯にわたって偏らせ、もし、その免疫系の最初のプライミングが本当に 亜流不完全なCOVIDワクチンで今直面していること(免疫逃避、ウイルス量の増加、感染の増加、感染の速さ、より多くの「ホットな」変異体である可能性)を説明することができるかもしれません。私たちは、ワクチン接種者と非接種者における感染症(入院と死亡)の急増を、オリジナル抗原の罪という概念で説明できるかもしれないことを訴えたい。理論的な議論だと言う人もいるかもしれませんが、私たちが見ているデータは、これで説明できる可能性が十分にあります。英国、イスラエル、米国などのワクチン接種後のデータで見られることは、現時点では他に説明がつかないと思われます。 

ペンシルベニア州立大学のオームも同様に「漏出ワクチンは、必ずしもウイルスの複製を阻止したり遅らせたりすることなく機能する」と書いている。その結果、感染していてもワクチンを接種した個体は生存期間が延長され、通常は死んだ宿主の中で進化的に行き詰まるはずの強毒性病原体が、感染できるようになる" と書いている。 ブーツ このように、明らかに不完全なCOVIDワクチンによって、私たちは今、Marek 2.0に直面している可能性があることを再度指摘します。ワクチン開発者はこの点を研究しておらず、これらのワクチンが中長期的にどのような安全性を示すかについては、まだわからない状態です。私たちはブラックボックス状態にあるのです。しかし、現在進行中の研究は、多くの緊急の問題を提起し、潜在的に不吉なものである。もし私たちが見ているものがADE/AMVEの先端であるなら、私たちはこれらのワクチンで多くの人、特に私たちの子供たちを殺す危険を冒すことになるのです。 

実際に英国では、完全なワクチン接種者の間で、COVIDによる大規模な入院、ICUへの入室、死亡が確認されています。これは大きな問題で、私たちが恐れていたAMVE/ADEかもしれません。ウイルス学者が最も恐れる悪夢です。増強抗体は存在する必要はなく(Dan Stock博士、私信、2021年11月8日)、このニュアンスは我々の議論に織り込まれなければならない。"最大の赤字は、Th 2がCD 8+細胞傷害性ナチュラルキラー細胞反応から局所感染にシフトすることによって引き起こされるもので、どのタイプのAbが生産されるかにかかわらず、必ず誘導されます。"役に立たない抗体は、免疫系の狂いに本当に必要ではありません..." 

ワープスピード作戦(OWS)のもとでワクチンの試験や製造に十分な手抜きがなされ、スケジュールが短縮された結果、最適とは言えない有害なワクチンが社会にもたらされた可能性があると主張する。トランプ前大統領は、科学顧問やワクチン開発者にミスリードされ、誤った情報を与えられたのでしょうか?我々は、彼らが彼をミスリードしたと主張する。もし、ワクチンの安全性に関して、適切な期間、適切な研究が行われていたならば、AMVE/ADEを調べるために十分な期間フォローアップしていたならば、今日の英国のデータやイスラエルのデータで展開されていることを目撃することはなかったと思われます。また、米国では、ワクチンの失敗が明らかになり、危険な再増強が必要になる可能性があります。再増強は壊滅的な打撃を与える可能性があります。 

私たちは、健康な子どもたちに大量のワクチンを接種することを進めたら、子どもたちに何が起こるかわからないという不安から、ここに書きました。これまでのところ、私たちは、これらのワクチンによって多くの子供たちが深刻な被害を受ける可能性があると考えています。重要なことは、子どもたちはこのウイルスから大きなリスクを受けないということです。 ほうっておくにこしたことはない.このワクチンは必要なく、政府の公衆衛生指導者(Francis Collins/NIH, Anthony Fauci/NIAID, Rochelle Walensky/CDC, FDA/Woodcock and Marks)やワクチン開発者は、なぜ子供たちにこれらのワクチンが必要なのかについて訴求していないのである。さらに、もし私たちが大量接種を進めれば、子どもたちを無症状のスーパースプレッダー(英国やイスラエル(そして米国)で現在成人に起こっているように)にしてしまい、致命的な結果を招く危険性があるのである。 

私たちが本当にMarek 2.0の樽を見つめているというこの論文を裏付ける証拠はどこにあるのでしょうか?イングランド公衆衛生局(PHE)の最近の報告書 # 44 と # 45 は、本論文の重要な側面であり(先行する5つのPHEレポートも同様)、推測的かつ理論的ではあるが、これらのレポートが割り引くことのできない重大な問題を提起していると考えている。私たちは、理論的なものを超えたとさえ考えている。我々は、デルタ変種に関する現在のワクチン(特にファイザー)の失敗と計り知れない課題を明らかにすることによって、テーブルを設定する以下の研究によって議論を展開する。 

ワクチンはデルタに対して明らかに失敗しており、完全なワクチン接種を受けた人たちが驚異的な感染力と感染傾向を明らかにしています。例えば、私たちは以下の研究結果を発表しています。 シンガナヤガム他.(ブレイクスルー感染症の完全接種者は、ピークウイルス量がワクチン未接種例と同程度であり、完全接種者の接触者を含め、家庭内で効率的に感染させることができる)、により。 Chau 他.(ワクチン接種を受けた看護師のブレイクスルーデルタ変種感染症例のウイルス量は、2020年初頭の先行株感染症例の251倍)、そしてバイ Riemersma et al..(ワクチン未接種者とワクチン「ブレイクスルー」感染者を比較してもウイルス量に差はなく、ワクチン接種者がデルタ変異体に感染した場合、他の人へのSARS-CoV-2感染源となる可能性がある)、ワクチンの効果は非常に不十分であることが明らかになりました。ワクチン接種者が高い感染力を持ち、ウイルスを感染させるというこの厄介な状況は、次のような代表的な院内感染の論文でもはっきりと現れている。 Chau 他.(ベトナムのHCW)である。 フィンランドの病院での集団発生 (HCWや患者の間で広がっている)、そして イスラエルの病院での集団発生 (HCWや患者の間で広まる)。これらの研究により、医療現場ではPPEとマスキングが本質的に有効でないことも明らかになりました。すべてのHCWが二重のワクチンを接種していたにもかかわらず、自分自身と患者への感染が広範に広がっていたのです。 

さらに ノルドストレム  (感染に対するファイザーのワクチン効果は、92% 15-30日目から47% 121-180日目まで徐々に低下し、211日目以降は効果が見られなくなった)。 Suthar et al. (SARS-CoV-2およびその亜種に対する抗体反応とT細胞免疫の2回目の免疫後6ヶ月での大幅な低下)。 ヤヒ他.(delta variantでは、中和抗体はスパイクタンパク質への親和性が低下するが、促進抗体は顕著な親和性の上昇を示す)。 Juthani et al. (ファイザー社製ワクチンの接種を受けた患者において、重症化または重篤化した患者の数が多い)。 Gazit et al..(SARS-CoV-2未接種者は、Delta変異体によるブレークスルー感染のリスクが13倍上昇し、症候性COVIDおよび入院のリスクが大幅に上昇した)、および。 アチャリアほか.(デルタに感染したワクチン接種群と非接種群、無症状群と有症状群の間で周期閾値に有意差なし)を総合すると、COVIDワクチンの効果の低さ、さらには負の効果があることが明らかになりました。 Levine-Tiefenbrun et al. は、ワクチン接種後の時間経過とともにウイルス量減少効果が低下し、「接種後3カ月で有意に減少し、約6カ月で実質的に消失する」と報告しています。 

一例として スウェーデンでの研究 (特に、842,974組(N=1,684,958)のレトロスペクティブなデータは、ワクチンによって一時的に感染を防御するものの、その効果はゼロ以下に低下し、約7ヶ月で負の効果領域に入ることを示しており、ワクチン接種者が非常に感染しやすく、最終的には(ワクチン非接種者よりも)強く感染することが強調されている。)もう一つの例はアイルランドで、次のような報告がある。 ウォーターフォード市街地 は、州内で最も高いCovid-19感染率を誇り、ワクチン接種率も州内で最も高い(99.7%接種)。報告書によると、米国では 2021年のCovid-19の死亡者数 が2020年の死者数を上回ったことから、「より多くの人が、この病気によって死亡した」と述べる人もいます。 2021年 COVID-19誰も接種していない2020年よりも、ほとんどの成人が接種し、ほぼすべての高齢者が接種している)」。 

つまり、ブレイクスルーがあり、デルタ変種に対してワクチンが失敗しているという証拠が(上記のように)蓄積されたわけです。疑問の余地はない。さえも CDCのロッシェル・ワレンスキー所長 ワクチンが感染を防いでいないことを認めました。これは、失敗したワクチンを認めたことになります。繰り返しになりますが マレック病 のニワトリとワクチン接種の状況は、私たちがこれらのリーキーワクチンで潜在的に直面していること(感染の増加、感染の迅速化、より多くの「ホットな」変異体)を説明しています。 

AMVE/ADEの1つのモデルとして、以下のようなものがあります。 原初的な抗原の罪 と、免疫系の最初の呼び水、あるいはその病原体/ウイルスなどに対する免疫反応を生涯にわたって偏らせるような暴露をすることです。さらに、もし免疫系の最初の呼び水が本当に 亜流その場合、その後の反応(暴露)は、その病原体や類似・関連する病原体に対して最適でない可能性があります。 

私たちはウイルス学者でも免疫学者でもありませんが、私たちが目にしているデータや、ワクチン接種者と非接種者に何が起こっているかを理解することを求めています。私たちはダン・ストック博士の多大な業績に導かれており、ワクチン接種後の説明(博士の専門的な意見を取り入れています)は以下の通りです。

もし最初のプライミング/暴露がワクチンによるものであれば、ヘルパーT細胞(CD 4+)の免疫応答は、Th 2 B細胞および抗体応答へと偏り、局在する本来の感染部位ではより限定的なTh 1 CD 8+細胞障害性T細胞応答となる(スイッチ)でしょう。免疫系はTh1分化とTh2分化のどちらかを選ばざるを得ず、そのような分化は永久的なものである。免疫系は、野生のウイルス(あるいは類似のウイルス)にさらされると、いつでもTh 2経路に切り替えて、ワクチンを摂取したためにTh 1細胞傷害性免疫を少なくすべきであると「学習」しているのです。免疫系はTh 1とTh 2の免疫応答経路の切り替えを余儀なくされ、全身的に抗体反応を起こすと(最初の暴露がワクチンの場合)、将来、呼吸器系の局所感染としてウイルスに感染したとき(免疫系がウイルスに対して2回目の反応を起こしたとき)、免疫系の反応は間違って(乱れ)、感染部位(呼吸器)で実際に(最適に)必要なCD 8+細胞障害性応答が起こらなくなるのです。言い換えれば、局所組織から免疫系に送られるシグナルは、B細胞と抗体を産生するように言っているのであって、感染部位で感染を除去するために必要な細胞傷害性細胞を産生するように言っているのではありません。 

その結果、呼吸器組織(肺)はより感染しやすくなり(細胞傷害性細胞が存在しないか、感染を除去するのに十分な量が生産されないため)、ますます病気になり、感染者はCD8+反応が減少するか存在しないかもしれないため、ますます多くのウイルスに非常に感染する可能性があるのです。ワクチン接種を受けた人は、重症化すると同時に、大量のウイルス量を蓄積し、ウイルスを感染させることができるようになる可能性があります。つまり、感染は局所組織(主要な感染部位)に蓄積され、細胞傷害性反応が抑制されたために除去されないのです。このことは、私たちが英国で見ているデータ(# 44 & 45と39-43の報告)を説明するのに役立つかもしれない。脆弱なワクチン未接種者だけでなくワクチン接種者でも死亡しているのだ。このようなことが実際に起こっているとすれば、これは本当に問題である。ワクチンによる)全身性の提示は、Th 2反応を促進するため、必然的にTh 1反応を減少させなければならず、排菌が増加するだけでなく、最終的には、当然急速に広まることのない病原体を、さらに急速に、確実に広まり、さらにTh 2分化、Th 1反応の減少、最終的には感染に意味のないTh 1反応を持たなくなるまで、抑制できない病原体に追いやることになる。その結果、肺は破壊され、Th2反応の上限に達してしまう。そうなると、ワクチンを受けていない素朴な人々に感染が広がるだけでなく、ワクチンを受けた人々の死亡が増加する。彼らは、免疫システムが最初の最適とは言えない誤った反応(CD8+細胞傷害性反応から離れる)を「学習」し、その後の感染/ブーストでその方向に反応するため、正しい免疫反応では決して回復しないであろう。ブーストは、この狂った免疫反応を促進するだけで、どんどん増強され、Th1細胞傷害性反応が得られないため、被接種者はますます病んでいくからです。免疫系は事実上、間違った反応をするようになり、その結果、気道や肺の組織はますます感染して病気になり、ワクチン接種者も感染して重症化する危険にさらされます。近くのワクチン未接種者が強固な免疫系を持っていたとしても、(CD8+経路がステップダウンするため)大量の感染を排出・撹拌しているワクチン接種者のウイルスに圧倒される可能性があるのです。両者とも重症化し、死亡する可能性がある。 

そこで、イングランド公衆衛生局(PHE)の報告書をより詳しく見てみると # 44 & 45 (レポート#を含む 39~43を見ると、30歳以上のすべての年齢層でワクチン接種者の感染率が著しく高く(表2-5)、30歳以上へのシフトは、報告書の35週目と38週目の間に起こっています。 # 39.表5は未調整のデータですが、第40週から第10週までの最新のレートが示されており、非常に参考になります。 第43週 2021年 (報告書20ページ # 44)(表1、表2)また、第44週のデータは「未調整」と報告されていることに注意。同じことが報告書にも表れている。 # 45 (表6ページ22、2021年41週目から44週目の間)。私たちは、このしっかりと収集され報告された英国のデータにおいて、ワクチン接種者(と思われる)がデルタ変種に強く感染するようになり、ワクチン非接種者が(ワクチン接種者とともに)入院したり死亡したりしているという安定した一貫した傾向を見ています。ワクチン未接種者は、その脆弱性とこの驚くべき感染率から、特に懸念される存在です。最近の ヤフー・UK と警鐘を鳴らしています。 人さまざま ワクチン接種を受けた国々で、感染、入院、死亡の割合が最も高いことを目の当たりにしています。同じような報告が スコットランド また、10月9日から11月5日までのコビド19の入院患者数は77%、コビド19とされる患者数は65%であった。

結論

COVIDワクチンは、私たちを深刻な被害から守ってくれますが、ウイルスに感染することは防げず、その結果(英国のデータに見られるように)より致死的な変異体を駆逐しているのでしょうか?私たちは本当に不完全なワクチン接種を見ているのでしょうか。それは私たちを生かしてはいるが、ウイルスを殺すのではなく、感染を許しているため、接種者はウイルスを感染させ、実際にはより強力なウイルスを感染させているのではないでしょうか?ワクチン接種を受けた人たち自身が、免疫反応に狂いが生じて重症化しているのではないか?ニワトリのマレック病に対するワクチン接種に見られるように、COVID-19ウイルスと病気に対するワクチン接種が、(ワクチン接種者とワクチン未接種者の弱者に対して)より高い毒性を好んでいることを目撃しているのかもしれない。 

私たちは、これはもう理論的なリスクではなく、イスラエルやイギリスなどで実際に起こっていることであると、現在見ているデータから主張しています。私たちが目撃していることを説明できるデータは他になく、Th 1からTh 2への免疫反応の切り替えの間のこの狂った不正確な免疫反応は、これまでのところ最良の説明であるように思われます。これは潜在的に大惨事であるため、どのように対処すればよいのでしょうか?私たちは、ワクチン接種を中止するよう主張します(適切な説明と同意があれば、高リスクの人々に焦点を当てます。また、私たちは、低リスクの健康な子どもたちに、最適とは言えない、不完全で、漏れがあり、安全性がほとんど検証されていない、有害となる可能性のあるワクチンを接種することは、いかなる条件においても、許さない、と言っている。私たちの考えは、これらのワクチンやブースターに対して、今すぐハードストップをかけることです。私たちはワクチン開発者に、これ以上進む前に私たちが見ている害に対処するよう求めなければなりません。実際、私たちにはこの緊急事態に対処するための多くの代替手段があります。私たちはこれらのワクチンを必要としていないのです。私たちは決してそうではありません。を超える代替案を検討することが不可欠です。 ようふ など、ワクチン以外の病気予防を利用する。 早期外来療法 と、ビタミンD/カルシフェジオール、亜鉛、予防薬イベルメクチンなどの栄養補助食品を利用することができます。 

シェアボタン

テレグラム
電子メール
フェイスブック
ツイッター
WhatsApp
プリント

ニュースレター

Dr.トロッツィのコンテンツ公開をいち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、登録解除や通知設定の変更はいつでも可能です。


このフォームを送信することにより、あなたはTrozzi, RR2, Bancroft, ON, K0L 1C0, https://drtrozzi.com/.からのマーケティングメールを受信することに同意したことになります。メール受信の同意は、各メールの下部にあるSafeUnsubscribe®のリンクを使って、いつでも取り消すことができます。電子メールはConstant Contactでサービスしています

同盟国

ja日本語