多くの人が「犯罪的コビド企業」と考える中で、医師、看護師、その他の医療従事者が直面する倫理的・経済的な葛藤について。

医師、看護師、倫理、法律

医師、看護師、その他の医療従事者が直面する倫理的、経済的な葛藤について、私が多くの人と同様に「犯罪的なコビト事業」と考えていることの背景を考察してみよう。

健全な社会では、犯罪行為に加担しないようにしながら、自分自身の倫理観、道徳観、職業上の誓い、組織のルールなどを同時に守ることが矛盾してはならないのです。しかし、残念ながら、社会は必ずしも健全ではない。

私は、医師や看護師、医療従事者の仲間に共感していることを強調したいと思います。私は簡単な答えを持っていませんが、このテーマを探求し、私個人の結論と決断を分かち合いたいと思います。特に経済的なプレッシャーや家族を養う必要性を考えると、誰もが私と全く同じ道を歩むことができる、あるいはそうすべきであると言っているのではありません。私たちは皆、現在の状況下で厳しい決断を迫られていることは重々承知しています。

また、問題を否定したり、組織を盲信したりすることも、私は支持しません。私たちが信頼できるはずの多くの機関が、プロパガンダを拒否し、自ら熱心に研究してきた多くの人々の信頼を当然失っています。   

ニュルンベルク綱領

第二次世界大戦中、ナチスはユダヤ人をはじめとする捕虜に対して、「医学実験」と称する恐ろしい拷問や突然変異を行いました。戦後、国際的な団体がこのような実験的虐待を将来にわたって避けるために活動してきた。1947年の「博士の裁判」で検討された恐ろしい証拠を前に、医学界では人体実験に関する研究倫理原則が採択され、「ニュルンベルク・コード」として知られるようになった。医学と人体実験は、道徳的、倫理的、法的な概念を満たすために、一定の基本原則を守らなければならないと宣言されたのである。

この規範の10原則は、評決の「許容される医学的実験」と題された部分に示されていた。

 

  1. 被験者の自発的な同意は絶対に必要です。

 

  1. 実験は、社会のために実りある結果をもたらすようなものでなければならず、他の方法や研究手段では不可能であり、無作為で不必要な性質のものであってはならない。

 

  1. 実験は、動物実験の結果および研究対象の疾患またはその他の問題の自然史に関する知識に基づいて、予想される結果が実験の実施を正当化するように設計されていなければならない。

 

  1. 実験は、不必要な肉体的・精神的苦痛や傷害を一切与えないように実施されなければならない。

 

  1. 死や障害をもたらす傷害が発生すると先験的に信じられるような実験は、行ってはならない。ただし、実験医師が被験者となるような実験は例外であろう。

 

  1. 取るべきリスクの程度は、実験によって解決されるべき問題の人道的重要性によって決定される程度を決して超えてはならない。

 

  1. 傷害、障害、死亡の可能性から実験対象者を保護するために、適切な準備と適切な施設が提供されなければならない。

 

  1. 実験は、科学的な資格を持つ者のみが行うべきである。実験を行う者または実験に従事する者には、実験の全段階を通じて最高度の技術と注意が要求される。

 

  1. 実験中に、被験者が実験の継続が不可能と思われる身体的又は精神的状態になった場合には、自由に実験を終了させることができるものとする。

 

  1. 実験中、担当科学者は、必要とされる誠実さ、優れた技術、慎重な判断力を発揮して、実験の継続が実験対象者の傷害、障害、死亡につながる可能性が高いと信じる相当の理由があれば、どの段階でも実験を終了する用意をしていなければなりません。

 

1964年、世界医師会(WMA)はこの原則を採用し、人間を対象とする医学研究(人間を特定できる材料やデータを用いた研究を含む)の倫理原則を示すものとして、ヘルシンキ宣言を策定した。この原則は、今日でも、人間を対象としたすべての医学・実験研究、治療、投薬に適用されています。これに反して、WHOのような超国家的組織として活動する政府指導者や選挙によらない民間資金による合法的登録学会は、実験的ウイルスメッセンジャーRNA注射の強要などの違反に反対する倫理、道徳、法的法律および原則を無視してきた。

ニュルンベルク・コードに関連して、2つの疑問について考えてみよう。

まず、「ワクチン」と呼ばれている改変ウイルスメッセンジャーRNA注射は、実験的なものなのでしょうか?米国では緊急使用許可は出ているが、FDAの承認は受けていない。このような注射は、これまで一度も患者に投与されたことがない。多くの文献を検討した結果、私自身は、多くの専門家と同様に、これらの注射は実験的なものであると考えています。

 2020年12月13日、医師たちはCDC本部で「アメリカ史上最大の医療実験」を取り上げて抗議した。    https://www.lifesitenews.com/news/physicians-covid-vaccines-are-experimental-and-should-never-be-mandated-or-forced

FDAも同意見です。での FDAによる2020年12月23日付のファイザー社への緊急使用許可書の再発行についてそれ は、2ページ目の冒頭で、「」と述べています。いかなる適応症にも認可されていない治験用ワクチンです。"これは明らかに実験である。しかし、人々は自発的に実験に参加し、明らかに同意していると言われているのだろうか?いいえ、彼らはコビド19のワクチンを接種すると言われているのです。

それを踏まえて、もし私がこの注射を単なる「ワクチン」として患者に投与し、それが実験であることを患者にはっきりと告げずに投与したならば、私はニュルンベルク綱領の第一原則に違反する罪を犯していることになるのです。これは大変な犯罪です。

また、コビッド19の死亡率が非常に低いことや、多くの専門家と同じように、我々は何ヶ月も前に群発免疫を獲得している可能性が高いという私の印象を考えると、私はニュルンベルク・コードの原則2および6に違反することにもなると思います。

また、コロナウイルス実験用ワクチンの実験動物への先行使用による重篤な副作用を考慮すれば、ここでも原則3、4、5違反が問題となる。 https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0035421

原則7にも違反している。これらの実験対象者は、注射の後、家に帰されるだけで、実験注射の副作用に対するセーフティネットはない。

少なくとも原則8には疑問がある。これはすべて「科学的資格を有する者のみが実施」し、「実験のすべての段階を通じて...最高度の技術と注意」が払われているのでしょうか?私はそうではないと思います。

しかし、それ以上に、医師として、政治家や無知なメディアによって喧伝される、人を対象とした非倫理的な医療実験に加担することは避けたい。それは、ニュルンベルク・コードに違反し、人道に対する罪を犯すことになるからだ。

第二に、ニュルンベルク綱領に関連するPCR「テスト」を検討する必要があります。もし、人々が憲章の権利と自由を享受するために、あるいは仕事を続けるために、侵襲的な処置に従うことを強制されるなら、それは確かに自発的な同意とは見なされない(原則1)。PCR-Testキットは、その設計上、また独立した研究所のテストでも証明されているように、特定のSARS-CoV2ウイルスの検出も、被験者が感染性キャリアであるかどうかを予測するためのウイルス量の検出も行うことができない。これは、ニュルンベルク綱領の原則2に違反する。この原則は、「社会のために実りある結果をもたらし、他の方法や研究手段では不可能であり、無作為で不必要な性質のものではない」ことを要求するものである。

同様に、人の鼻腔から鼻腔咽頭を探ることは、特に不十分な資格を持つ技術者が行った場合、傷害を負う危険性がある。PCR検査の実施方法は、明らかに原則7だけでなく、原則3、4、5、6、8、9、10にも違反しています。

ヒポクラテスの誓い

古代ギリシャの医師ヒポクラテスに由来するこの有名な誓いは、古代ギリシャの医学部志望者が医学部に入学する前にしなければならなかったものである。現在では、医学部の卒業生が独立開業する前に、この誓いを立てています。 このようなフレーズが含まれています。       

「私は自分の能力と判断で、患者のためになると思われる養生法を守り、有害なものは一切避ける。"

私の判断では、慎重に検討した結果、実験的なウイルスメッセンジャーRNAの注射、PCR「テスト」、過剰で不適切なマスクの使用、社会的隔離、国が義務付けた細菌恐怖症的行動、その他現在のコビド診療の様々な要素を、私はそうは考えません。 "患者さんのために "です。

ここでまた、矛盾が生じるのです。WHOという組織は、私の信頼を得ていませんが、準拠した政府に政策を義務付け、政府は病院や診療所に政策を義務付けます。 これは、私の調査によって、私の判断に値しないことが明らかになったトップからのトップダウンによる展開である。 

 私はこれまで、病院の方針は非常に合理的であり、その制定に感謝してきましたが、現在では、ヒポクラテスの誓いとの間に矛盾を感じています。

個人の倫理観・道徳観

私たちは多様な社会に生きており、つい最近まで信教の自由を含む個人の権利と自由が尊重されていました。私たちは多様な歴史的、宗教的背景を持っていますが、すべての合理的な宗教的、哲学的な学校は、黄金律を支持しています。

"己の欲せざる所は人に施すなかれ" 

コビッド19に関連するプロトコルの多くは、患者や人々の最善の利益にはならないというのが私の結論であり、私自身はそれを望んでいません。したがって、私が認識している最高かつ最も基本的な法則である「黄金律」に違反することなく、その実行を支持したり参加したりすることはできません。

では、どうすればいいのか?

その質問に対する一般的で簡単な答えを持っていないのは残念です。私は、慎重に検討し、熱心に調査し、祈りながら熟考することをお勧めします。

ある状況下で互いに矛盾する2つの法律に直面したとき、人はより小さい法律を無視してより高い法律に従わなければならないという、法律の基本的な格言がある。

個人的には、複数の病院や施設と長く、とても良い関係を保っています。仕事は楽しいです。現在の地政学的危機と虐待を解決し、人間一人一人に奉仕する倫理、道徳、法律のルールに戻った後、私はそれを続けるか、少なくともそこに戻りたいと思います。

トップダウンで展開されるのは理解できますが、悲しいかな、医療機関が政府与党の公衆衛生政策に無批判に従う以外のことをするとは思えません。

私は、法的・社会的正義のレベルで私たちの状況に救済策を生み出し、社会的健全性へ向けて公共政策を是正していくことを望んでいます。 だからこそ、私は人道に対する罪の告発と、犯罪的なコヴィッド19事業の加害者に対する集団訴訟を支持するのです。(ドイツコロナウイルス調査委員会、Reiner Fuellmich博士、Michael Swinwood、国境なき長老たち、Rocco Golati、その他この課題に取り組む法律専門家を参照)

個人的には、モラル、倫理、ヒポクラテスの誓い、ニュルンベルク・コードなどの理解に従わなければなりません。一方で、長年愛着を持って働いてきた施設との衝突を避けるため、一旦は退職することを選択した。私の願いは、私たちと共に、間違っていることを正すことに成功することです。そうすれば、今のような葛藤を抱えることなく、自分のキャリアに戻ることができるはずです。そのために、私は家を売り、家族の生活を大幅に縮小し、私にできる小さいながらも重要な役割を果たすことに専念し、このダビデ対ゴリアテの戦いに勝つことを願い、そして医療部門の正常な状態、救急医としてのキャリアに戻ることを夢見るのです。

ビル・ゲイツ、大手製薬会社、WHO、中国の独裁者、そして多くの腐敗した政治家が一緒になって、多くの資源と現在の権力を持っています。しかし、私たちには真実があります。彼らは嘘を宣伝しており、犯罪企業なのです。

私が仲間の医師、看護師、医療従事者、そしてすべての人々に望むことは、精神的な落ち着き、精神の明瞭さ、自己認識、自己決定、そして現在の悲しい状況を改善するために、私たち全員が進むべき道を共有することです。

シェアボタン

テレグラム
電子メール
フェイスブック
ツイッター
WhatsApp
プリント

ニュースレター

Dr.トロッツィのコンテンツ公開をいち早くお知らせします。メールマガジンへの登録は無料で、登録解除や通知設定の変更はいつでも可能です。


このフォームを送信することにより、あなたはTrozzi, RR2, Bancroft, ON, K0L 1C0, https://drtrozzi.com/.からのマーケティングメールを受信することに同意したことになります。メール受信の同意は、各メールの下部にあるSafeUnsubscribe®のリンクを使って、いつでも取り消すことができます。電子メールはConstant Contactでサービスしています

同盟国

ja日本語